ー乳がん闘病記ー

その2
抗がん剤治療〜放射線治療



2002年9月4日   仕事始め
というわけで、早くも仕事再開。
早すぎる、とのお叱りをうけつつもレッスン始めました
だって、、、とにかく普通にしてたいの!
体は普通でなくなっても、今までと変わらぬ生活ができるってとこ見せたいの!
誰に見せるっていうか、自分にね!

それにK先生も退院して翌日から働ける人もいますよ、って言ってたもん〜
翌日じゃないし〜大丈夫なんだもん〜

2002年9月5日   診察
退院後の初診察日
昨日から仕事を始めたけど、今日はお休み。
術後の経過もいいらしい。
そういえば、入院中も他の外科の先生の回診のときに
手術の痕を見て皆が口を揃えて「おぉ〜きれいだねぇ〜」って言ってたな・・・
そんなとこきれいって言われてもねぇ・・・(苦笑)

しかし、次回からの抗がん剤点滴。。。朝一でやるらしい。。。
おいおい・・・いくら私が元気だからって、朝のラッシュにもまれて新宿まで来るのかよ・・・
こいつなら大丈夫そうだ、という顔をしてたもんな、先生・・・
少し早めに家出ないとなぁ・・・

2002年9月19日  抗がん剤(AC)2回目&カツラ購入
今日はラッシュを避けて朝早く家を出て病院へ
母が心配して付いていくって言うから、ちょっと恥ずかしながら付き添ってもらう。

外科外来のベッドで点滴を1時間。。。
ヒマを見越して、ゴスのラジオ番組を録音したもの持ってきたので、それをを聴く。

そして、ぼちぼち髪の毛も抜け始めるってことで
病院近くのデパートでカツラを購入。
ここは同じような患者さんがたくさん来る店なので
店員さんもいろいろアドヴァイスをしてくれる。
とりあえず、仕事は続けるつもりなので、レッスン中帽子をかぶるわけにはいかないし
生徒に気づかれるのもいやだ!
ってことで、奮発して(でも分割で・・笑)1○万円のカツラにする!
今の髪の色に合わせて(違和感ないように)茶髪のショートカットのカツラです。

2002年10月10日  抗がん剤(AC)3回目
今日は一人で来ました。
しかも終わったら午後にはレッスンに行く予定。
また頑張りすぎだと、お叱りをうける。
でも大丈夫!副作用はほとんどないから。
ちょっと口がまずくて味覚がない感じだけど、吐き気などは皆無。

ただね、、、髪の毛が抜けていくのがホント気持ち悪い、、、
もっと短く切っておけばよかったけど
そう長くも多くもない髪の毛だと思っていたが、
人間の髪の毛ってすごい量があるものなのね。。。
抜けても抜けても、まだまだある。。。そして、からまる。。。
あと、髪の毛が落ちて家の中が汚くなるのがいやだ!生理的にいやだ!
また生えてくるんだからいいじゃない、って言うけどさ
この抜ける感触は経験した人にしかわからない気持ちの悪さ・・・
たとえば、金八先生のように耳に髪の毛かけようとすると、触ったとこだけスルリと抜けちゃうんだから!
あ〜〜〜さすがの私もちょっと凹む・・・
どうせなら早く丸坊主になりたいぃぃぃぃぃ

2002年10月31日   抗がん剤(AC)4回目→集い参加

(ちょっとすごすぎ・・・苦笑)


昨日と今日はゴスのファンの集いinZepp東京
そのどっちにも参加して、なおかつその間に病院で抗がん剤を点滴するという暴挙に出る!

今振り返ると、かなりむちゃくちゃやってるなぁ〜って思う。
普通の生活っていうか、普通より遊んでるし、、(爆)
でもこれがあるから頑張れたってのもあるし。。。
ゴスに会うことは、UZYに会うことは、ライブに参加することはなによりのお薬なので!

てか、それ以外にも、このころ「いいとも」見に行ったり、スペ坂行ったり
ディズニーシーに行ったりしてますね・・・(笑)


髪の毛もほとんど抜けて、かえってさっぱり〜
記念に写メってみたりもしました〜
ただ自転車には乗れない〜風で飛んだら、、、周りがひくもんね

2002年11月20〜22日  抗がん剤(タキソール)1回目のプチ入院
手術のときに顔見知りになった患者さんがたくさん同じ時期に入院していた。
ていうか、具合が悪くてず〜っと入院してる人もいるけど・・

入院した日はほとんどすることがない。
テレビを見て、寝て、ご飯食べて、薬飲むだけ。

タキソールはもともと吐き気の副作用はないと言われているので余裕かます。
けど、心電図を装着されての点滴・・・・やっぱちょっと怖い・・・(汗)
それに、AC4回やったことによって、血管がボロボロになってるみたい。
普通に腕には針が刺せない・・・手首に点滴の太い針が・・・こわぁ〜〜〜
動かさないでね、って、、、そりゃ動かさないようにするけどもぉ〜
トイレに行ったりとかするのに・・・ひやひや・・・
所要時間3〜4時間。結構しんどい。。。

でも終わって普通に夕ご飯を食べる・・・相変わらず食欲はある・・(笑)

2002年11月28日  診察
タキソール1回目の経過を見る。
問題なし。今後も予定通り治療を進める。

このころもホント遊んでます。。。
癌患者とは思えません。。。
抗がん剤治療中だなんて誰も思いません。。。


2002年12月11〜13日  抗がん剤(タキソール)2回目プチ入院
今年最後の治療入院。
ちょうどクリスマス前で、看護学校の生徒によるキャンドルサービスがあった。
お手製の小物入れをいただく。薬とか入れておくのにいい感じ。

しかし今年の初めには、まさかベッドの上でクリスマスのイベントを迎えるとは思ってもみなかったなぁ・・・
人生何があるかわかりませんねぇ・・・

だんだん点滴が入りづらくなっている気がする・・・
やたらと時間がかかる・・・
ただ寝ているだけなのだが、気分があまりよくない。
トイレに行くとフラフラするし・・・
ACよりタキソールの方が体に合わないのかなぁ・・・

しかし、退院前に看護婦さんに
「もうじき年末年始ですけどーお酒って飲んでいんですかねぇ〜?」って聞いてあきれられる(^-^;A
だって、タキソールってアルコール分が入ってるっていうからさぁ〜
飲んでもいいのかなぁ〜って・・・(笑)
で、結果、飲んでいいんだってぇ〜
へべれけになるまで飲まなきゃ大丈夫〜♪ってことでした。
ふふ・・・お正月はやっぱりねぇ〜

2003年1月8〜10日   抗がん剤(タキソール)3回目プチ入院
今回は初めての4人部屋。
しかも、他は皆再発&長期入院のおばさまたちで、正直ちょっと気が滅入る・・・
なかでも、Aさんは私が手術をしたときも入院していたのだけど
そのときは比較的元気で、お昼ご飯を外に食べに行っていたくらいだったのだ。
それが、前回の入院時に車椅子になっていて
今回は肺に転移したということで、ほとんどベッドに寝たきりになっている。。。
そういう様子を見てしまうと自分の将来の姿を想像してしまい、怖くなる。
もちろんそうならないために、再発の危険性を少しでも減らすために
強い抗がん剤を打っているのだから、前向きに考えようとは思うのだけど。

それと、前回くらいから本当に点滴が入りづらくなっている
予定時間を過ぎても全然中身が減ってないのだ。。。
なので午後いっぱい点滴棒に繋がれていることになり、かなり苦痛。。。
といいつつ2時間ドラマの再放送見ながらうたた寝とかもしてるけど(苦笑)

今思うと、この頃はちょっと気持ちが落ち込み気味でしたね。
タキソールの副作用で足腰が痛くて、だけどひょっとして骨に転移?とか思ったり
なぜか点滴後、手術痕から出血してたりして不安にかられたり・・・

とかいいつつ、この後「苗場」に行ってるんですけどね(爆)
だってぇ〜夢の最前列っ!行かなきゃでしょ──────────!!!!!


2003年2月5〜7日   抗がん剤(タキソール)4回目プチ入院
最後のプチ入院!最後の抗がん剤!(じゃなきゃ困る!!!)
だがしかし、点滴時間かかりすぎ・・・
夕飯(6時)までに終わらないし〜
しかも終わってからも、めずらしく食欲がない・・・ふぅ・・・
まあでもこれで終わりだから〜そう思って気分を上向きに〜

だけど、前回、今回と退院したその日の午後レッスンに行ったから
もうさすがにね、、疲れた、、、頑張りすぎた、、、
だけど、午後家にいるのももったいない気がしてさぁ〜
レッスン回数消化しないと、とか思っちゃって・・・

さぁ来週から早くも放射線治療の始まりだ!頑張れ、ぢぶん!!!

2003年2月10日   放射線治療第一回目
いよいよ今日から始まった!放射線治療!
痛くもかゆくもないし、時間も短いと聞いていたから、気楽に考えてたけど
なんかなぁ・・・・・
こんな首っていうか、喉元まで線引かれちゃうなんて・・・
そうなんですよ、放射線を当てる目安にマジックで線を引かれるんです。
人によって(手術の仕方によって)いろいろらしいけど
私は喉元からお腹に近いところまで、いっぱい線を引かれました・・・
しかも、終わるまで(1ヶ月)消しちゃいけないし、
消えてきたら、またか書き足すらしい・・・(-_-;)
なんか、人体標本みたいでいやだ・・・はぁ・・ちょいブルー
冬でよかったよ、マフラーでなんとか隠して帰宅。

手術の時からの担当看護婦のOさんからメール
最後のプチ入院の時に名刺渡しておいたのだ。
ちょっと愚痴メールをしたら励ましてくれた。。。ありがとう〜Oさん!

明日一日休んだら、あさってから平日は毎日放射線を当てるために通院だ!

2003年2月12日   放射線治療第二回目
午後一番でやってもらおうと、午前中の終わりに病院に行き診察券を提出。
だってね、終わってからレッスンしたいし・・・

その話をしたら、これからは基本的に午前中11時くらいからでもいいとのこと。
ラッキー! そしたら家帰ってちょっと休んでから仕事に入れる!

しかしね、ホントに血管が細くなっちゃったんだねぇ・・・
もはや普通に手首からは採血できません・・・
手の甲の、それも指に近いところね、そこからしか無理みたい。
でも、人間いろんなことに慣れていくもんだねぇ〜
昔は健康診断の採血で気分が悪くなっていたこの私が
手の甲に細いとはいえ針さされてもへっちゃらなんだから・・・
まあね、点滴の針に比べたら可愛いもんよぉ〜(笑)

2003年2月17日   放射線治療第五回目
アイツ・・・どうにかなんないのかぁ〜(〜_ーメ) ヒクヒク
新人くんがね、いるんですよ、放射線科に。
そいつが最悪・・・うわさには聞いていたけど、5回目にして当たってしまった・・・
照射するまでに異常に時間かかるし、デリカシーもないっ!
なんかちゃんとしたとこに照射できてんのか、不安になるよ〜
あ〜Gさんにお願いしたい〜頼むよ、もう・・・

2003年2月19日   放射線治療第七回目
昨日、おとといと2日続けて新人くんだったから、もうかなりブルーでしたけど
今日は診察もあるってーことで、時間かけちゃいられないから(?)
Gさんにやってもらえたぁ(≧ ≦)Ω ヨッシャ!
やっぱGさん、手際がいいし、優しいし、丁寧だし、、、
おまけにルックスもなかなかよ(爆)
でもねぇ〜やっぱさぁ〜自分の体、しかも傷ついた体見せるんだもん
変な男よりは素敵な男性がいいもん・・・なんてな

んでもってー今日はそのままアプルへ直行〜(笑)
相変わらずの遊びっぷりなのでした・・・


2003年2月20日   放射線治療第八回目、のはずが、、、
まずい、非常にまずい、、、
やっぱ遊びすぎたか──────!!!
白血球が1100(通常の人は6000くらい)、好中球は22%、、、少なっ!!!
というわけで、治療もお休みすることに・・・
絶対外出禁止、人ごみなんてもってのほか、と言われる・・・
昨日なぁ〜ライブだったんだよなぁ〜思いっきり人ごみじゃん・・・・(汗)
とりあえず来週まで休んで、月曜日にもう一度採血してみることに。

はい、本気で休みます!遊びません!!この週末は!!!
あ〜あ、、ゴス友Cちゃんに会う予定だったのに・・・

2003年2月24日   放射線治療第八回目(今度こそ!)
雪ですよ・・・まいった、まいった・・・・・
しかしね、白血球は無事4000まで回復〜なんとか治療ができました!ホッ。。。
てか、やっぱり私って元気よねぇ・・・
あれだけ白血球が減少してても風邪もひかないなんて・・・
ましてやインフルエンザが大流行のこの冬に!

2003年2月28日   放射線治療第十二回目
疲れピーク・・・
治療は慣れてきたからまあいいんだけど(アイツじゃなきゃね・・・)
とにかく毎日新宿まで通って、午後仕事、、、
自分で決めたこととはいえ、さすがにしんどい、、、

それに鼻血が出て、なかなか止まらないし、、、
やっぱ白血球少ないからなんでしょーね・・・
普段鼻血出ない人間なんで、ちょっとびびる・・・

あーはじめて真夜コー(ゴスラジオ) 家にいるのにリアルで聴かずに寝る、、、
それほどしんどい、、、

2003年3月6日   放射線治療第十六回目
今日もアイツだった・・・
まったくさぁ〜デリカシーってもんがないんだよぉ〜ムカ・・・(-_-メ)
GさんやNさんはさ、ちゃんと健康な方の乳房にはタオルをかけてくれるのに
そんなことには気がまわらないのか、場所を合わせるのに必死・・・
まあちゃんと合わせてもらはねば困りますけどもねぇ・・・
だけど、私らあんたの実習のお手伝いじゃないんだぁ──────────!!!!!

なんとなく左胸が痛い・・・不安・・・

2003年3月16日  放射線治療第二十三回目&ホルモン治療開始
あと2日通えば終わりだっ!!!!!
そして同時進行でホルモン治療が始まった!

午前中に照射を終え、診察と注射を午後に受ける。
ホルモン治療は、お腹にリュープリンという薬を皮下注射し、飲み薬を一か月分もらう。
診察では心配していた左胸・・・なんともなかった・・・よかった・・・
ここまで頑張って再発じゃ、もうやってらんないもんね・・・
あ〜ホントよかった・・・

2003年3月19日  放射線治療第二十五回目(終了〜!!!!!)
終わった──────────! o(^^o) (o^^o) (o^^)o ヤッタネ \(^ ^)/ バンザーイ

これで少し身軽になれる〜
春だもんねぇ〜あ〜UZYに逢いたい〜(笑)


とはいえ、すぐに線を消そうとゴシゴシしちゃあダメですよ、とGさんに念を押される・・・
無理すると皮が剥けちゃうらしい・・・(^^;^^;^^) アセアセアセ
はーい、気をつけマース!



この日からなんか気分が吹っ切れたというか、
まあ元々そんなに悩んだりしてたわけじゃないけどさ(笑)
とにかくさらに前向きに生きていくぞって思えた頃だったね〜

季節もちょうど良かったんだよねぇ・・・
抗がん剤や放射線って時に冬の露出の少ない時期で
終わったのが春だもの。
春ってやっぱり新しく何かが生まれる季節。
自分の中でもさらなる希望が、やる気が生まれた時期なのでした。

SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO