ー乳がん闘病記ー

その11
転移後(ハーセプチン&タキソテール治療)



2009年2月17日  タキソテール点滴開始
採血、診察、ハーセプチン&タキソテール投与

副作用止めのため昨夜よりデカドロン錠剤を食後に飲む。
いよいよだな、って感じ。
朝食後も忘れずに飲んでいざ病院へ。

採血の結果、白血球の数値にも問題がないということで
早速点滴の針を確保し科療室へ。
看護師さんが「新しい薬の説明を薬剤師さんにしてもらいますか?」と聞くので
今まで薬変わってもそんなこと言われたことないけどな・・と思いつつ(笑)
「冊子も読みましたし、ネットで調べたので大丈夫です」と答えると
「わーすごい。パソコンやるんですね〜。私より詳しいかも〜」だって^^;

まずはいつもどおりハーセプチンから点滴(1時間)
続いて副作用止めを数種類。
デカドロン、ガスター、グラニセトロン、クロールトリメトン。
こんなに入れるのか・・・というのが正直な感想。
副作用がきついのもイヤだけど、
種類が多いとそれだけ点滴時間が長いから疲れるのよね・・
ここまでで合計1時間くらい。
ようやくタキソテール投与にこぎつける。
点滴中は特に何も症状はなかったけど
一応初めての時はドキドキする・・こんな私でも(笑)
タキソテールも1時間の点滴時間で、その後生理食塩水を全開で流す。
ナベルビンの時もそうだったけど、なぜか生理食塩水が落ちにくい。。

ここで看護師さんの性格が出るんだよな〜。
一番しっかりしてて気の効くKさんだと
こんな時色々とできるだけ早く落ちるようにあれこれ対処してくれるんだけど
自分で不器用と宣言してるNさんは
「落ちないな〜・・・(イライラ)」でしばらく見てるだけ^^;
他の患者さんのとこに行って戻ってきてもまだ落ちが悪いのを見てようやく
「私が針先の向き変えればちょっと違うかな〜」ってやってみる。
しょうがないから私も自分で手の角度変えてみたりする。
まあ、最終的にはきちんと落ちたからいいけどさ・・・

全部終わったらもう12時過ぎてて、
即効帰らないと昼ご飯食べる時間ない!
(レッスンの時間になってしまう!!)

3週に1回はこんな感じのスケジュールかぁ・・とちょっとグッタリしたけど
それでも効いてくれればいい!効きますように!!!
頑張れ!タキソテール!!(爆)




2009年3月10日  タキソテール2回目
採血、診察、ハーセプチン&タキソテール投与

いつものように病院に着いてすぐ採血を済ませ
外科外来で待っているとわりとすぐに先生からお呼びが・・(笑)
もう採血結果出たの??と思って診察室入ると
「結果まだなんだけどね〜再検査になっちゃったから」
え??再検査??何か悪いのか??
と思ったら・・
「白血球の数値が12000とか出てたから」
なんでもステロイド飲むと高めの数値が出るらしい^^;
そんなわけで数値が確定するまでは治療ができないので
もう一度待合で待つ事に・・

それはそうと
先週の点滴の際にテープと一緒に皮膚まではがれたことを伝え
今週は絶対に手の甲はやめてくださいと言うと
先生は「わかった!けど忘れちゃうかもしれないから針刺す時にもう一回言ってね」だって・・
(そんなにすぐ忘れちゃうのかよ〜・・笑)

しばらくして治療OKの結果が出たとこで処置室へ。
看護師さんたちにも先週の「皮膚が剥がれて流血事件」を伝える。
こういうときの看護師さんたちの反応って面白い。千差万別!
「うわぁー痛々しい・・・」というだけの人(笑)
「今週は違うとこに針刺すようにしっかり先生に伝えましょうね」と優しく微笑む人
「点滴してる間に皮膚科へ行って薬処方してもらいましょうか?」と提案する人
「本当にごめんなさいね・・・私のせいで・・」と申し訳なさそうな先週テープを剥がした人
まあ確かに痛々しいけど、だいぶ治ってきてるし
ワセリンとかでもいいっていうからわざわざ皮膚科行くのも面倒だし
テープ剥がした人の責任でもないし(誰がやっても同じだったと思う)
ってことで
とりあえず先週とは違うテープにしてもらって
先生には手首に刺してもらった。

点滴は1回目と同じようにハーセプチン→副作用止め→タキソテール→生理食塩水の順番で。
今回は最後まで順調に点滴が落ちていた。
最後のテープ剥がしは先週と同じ人がやってくれたけど
今回もそれなりに剥がしづらく・・・
でもずっとそうだったからねぇ・・・
なんでも「肌がキメ細やかで綺麗な人」は剥がしづらいらしいから!
(ちょっと嬉しい・・笑)

とりあえず毎回違うとこにやってもらうしかないなぁ。



2009年3月31日  タキソテール3回目
採血、診察、ハーセプチン&タキソテール&ゾメダ投与

昨日歯の治療があったので2日続けて病院へ。
それだけでなんとなく疲れ気味・・

いつものように採血を済ませてから外科待合へ。
主治医に呼ばれて中に入ると
いつもどおり「〇〇さんね、マーカーだけどね・・」
って必ず腫瘍マーカーの話から入るのはもうお約束(笑)
今回はCEAが少し下がってCA15-3が少し上がった。
ほんの少しずつだからあまり全体としては評価のしようがない感じ。
まあまだ今日3回目だし、効果を期待してタキソテール続けましょうと。

今日はゾメダもあってフルコースだから全部終了したら昼過ぎてた。
といっても、春休み中で午後のレッスンはないから気持ち的には余裕。
テープを剥がすときには先々週からリムーバーを使ってくれてるから
皮膚が剥がれるようなことはないが
このリムーバー微妙にベタベタするんだよねぇ。
まあ手を洗えば済むことなのだが、匂いも微妙だし。
っていうか、今までずっと剥がすの大変だったのに
リムーバーあるんならもっと早く使ってくれ、とも思う^^;



2009年4月21日  タキソテール4回目
採血、診察、ハーセプチン&タキソテール投与

4月に入ってから、徐々にマーカーが下がり傾向なので
毎回採血の結果を聞くのが楽しみだったりする。
でも今日の結果は横ばいだった。。

針を確保する際に、珍しくズキッ!と痛みが。。
イデデ・・・とか言ったけど
先生が大丈夫、ちゃんと入ってるっていうからそのままだったけど。
もちろん漏れたりはしてないわけだけど
点滴中もずっと針先が血管の壁に当たってる感じがして
保温パックでずっと暖めてもらいつつ点滴した。

今度の週末は発表会。
最近だるさや指先の痛みがあるからしんどそうだけど
その後はGWでレッスンがずっと休みだから
なんとか頑張らなくては!!



2009年5月12日  タキソテール5回目
採血、診察、ハーセプチン&タキソテール投与

GW明け。いつもと同じ3週間ぶりなのにすごく久しぶりな気持ち(笑)
てか、病院内にちょこっと変化が。

まず病院着くといつもトイレに行くんだけど
この前までは手を拭くペーパーが設置してあったのに
風で乾かすやつ(名称わからん)になってた!
まあゴミ箱にペーパーがあふれている時があったから
こっちのが衛生的で、さらにエコなのかもしれない。

その後いつもどおり採血の受付の順番を待って
自分の番号が来たから受付に行くと、
「採血の予約が入ってないんですが」
えぇぇ・・?先生入れ忘れたんだな・・・と思いつつ
外科で聞いてみてからもう一回ここの受付に来てくださいというので外科受付へ。
案の定先生が忘れてたらしい・・・
タキソールの前なんだから採血がないわけないのよね。
ったくもう。時間無駄にしたじゃんか〜とちょっとイラっとしつつ
再び採血受付へ行き、採血番号をもらう。
いつも朝一の採血ってすごい混んでて
8時前に病院ついても80番とかあるんだよね・・
だから時間無駄にしたのがちょっと悔しいわけ。

でもって、採血室にも変化が!
なんかひとつひとつの採血台にカーテンで仕切りがしてある!
意味あるのかしら・・プライバシーの問題?
正直見た目はともかく、なんか邪魔なんだよね。
元々採血して所と、それを待ってる所のスペースがそんなに広くないから
たかが布一枚だけど、カーテンがついた分だけ余計に狭く感じる。
個人的には別にいらないんじゃないかな〜と思ったわ。

肝心の採血も、なんか今日の人ヘタクソだったわ。
針刺してから血管探ってる風だったし
いつもより細い針使ってたし。
毎週やってるから技師さんの上手下手がよくわかる^^;


そんなわけで、採血だけでだいぶ疲れてから診察だったけど
今日はマーカーがグググンと下がっていてすっごい嬉しかった!!
CA15-3が二桁になった!!!96だけど(笑)
CEAも10.2と順調に下がってるし
タキソテールが効いているのは間違いないだろう。
この調子でもっと下がることを期待して、まだまだ治療頑張るぞー!



2009年6月2日  タキソテール6回目
採血、診察、ハーセプチン&タキソテール投与

今日はとにかく疲れた。。
病院に着いてまず、「混んでるな」と。
なんでなのかわからないけど、とにかくいつもより人が多い。
朝一の採血は整理番号をとって受付自体の順番待ちをしなくてはならないのだけど
今日は90番台・・えぇ・・・今までで最高遅い番号。
とりあえず、トイレ行ったり、血圧測ったりして
おとなしく受付順を待つけども、8時半過ぎてようやくという感じ。

採血済ませて外科待合へ行き、
一旦先生に呼ばれるが、ステロイドのせいで再検査。
ステロイド飲んでますって最初から言えないものかね・・・
それを加味して結果を出してくれりゃいいのに。
というわけで、診察室を出て再び待合へ。
待合もいつもより混んでて、しかも初診らしき人が多い。
初診だと先生ともじっくり話すから時間がかかるのよね。
それはその人にとって大切なことだから、そこに不満があるわけじゃないが
とにかくなかなか呼ばれないので待ってるだけで疲れ倍増。

やっと診察を終え、点滴確保してもらって科療室へ入ったのが9時半近く。
採血から一時間かよ・・・(-_-;)
でもって、その後薬が来て点滴を始めるまでにさらに15分以上。
治療の前に疲れてるって・・・はぁ。

治療中はテレビぼんやり見つつ、うたた寝してる感じだからいいけど
それでも終了間際、また最後の生理食塩水がなかなか流れず時間がかかる。。
結局清算済ませるともう13時過ぎてた。
今までで一番時間かかったなぁ。



2009年6月24日  タキソテール7回目
採血、診察、ハーセプチン&タキソテール&ゾメダ投与

今日でタキソテールは一旦打ち止め。

だいぶ薬が効いたようで、マーカーは今日わかってる時点で
CA15-3が44
CEA が6.6

まだ続けることも可能だけど
体への負担も決して軽くないことだし、一旦休憩しようと。
このままマーカーが上がらないことを祈るけど
まあそうもいかないんだろうなぁ・・と現実を思ったり。
癌細胞が消えたわけじゃないからね。
ちょっとおとなしくしてくれてるだけなんだよね。
それでも、夏の間通院回数が減るのは楽だし
その間に歯の治療ができるし。

そんな最後になって
今日はテープの止め方が甘かったのか
チューブから若干漏れが発生。
もう一度止めなおしてもらって事なきを得たけど
手の甲をツツーって液体が流れてきたからちょっとビックリした。
中に漏れたんじゃないからまだいいけど。

さあ。
来週からは3週間ごとにハーセプチンの投与だ。
ちょっと治療も小休止。夏を楽しもう〜♪





SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO